アニメ研究所

アニオタで青春コンプのサクの考えてることを書きます  Amazonアソシエイトを使用しています

日常系アニメでの”夢”【恋する小惑星】

”恋する小惑星”がおもしろい。

 

koiastv.com

 

 

内容は王道のというかきらら系作品。

 

高校に入学するところから始まって部活に入るみたいな。

 

動画工房

 

動画工房が作るアニメはとっても安定感があって好き。

 

 

主人公に夢がしっかり決めてある

 

基本的には他のきらら作品と似ているなって感想なんですけど主人公のミラに夢がしっかりあるってのは他とは違うかなって。

 

小惑星を友人のアオと見つけるのが夢なんですね。

超有名アニメのけいおんは軽音楽部の話ですけどそれは別にプロを目指すというわけではなくて高校の部活動で3年間の青春を描いた作品です。軽音楽部のメンバーはアーティストになるわけでもなくて普通の大学に進学して話は終わります。

 

その点、この作品は最終到達目標が恐らく小惑星を見つけるところになると思います。

漫画なのだから夢は大きい方が良いのは間違いないでしょうけど萌え日常系で夢を明確に前面に出していくって珍しいなと思いました。

 

実際に小惑星を見つけるって大変なことだよなと思ったり。

最近、小惑星探査機の映画”はやぶさ”をプライムビデオで見ました。主人公的な登場人物は優秀で大学でそれ関連の勉強をしていたのですがそれでもバイトで生計を立てながら論文を送る生活をしていました。

 

モンロー先輩こと部長は宇宙飛行士が夢。大変そう。

 

作者は恐らく天文系の勉強をしていたかめちゃくちゃ好きなのでしょう。そうじゃないとそれをテーマにした作品を書いて登場キャラの夢を大変そうなことに設定しないと思います。

 

 

桜先輩こと副部長はリアリティがあるなと。

石とか地学が大好きな桜先輩。進路に悩む高校3年生。

 

 

登場キャラ

 

みら(主人公)

 

良くあるきらら系主人公。特に思うことはないです。

 

あお

 

本来ならば男だろうけどきらら系だから女の子なのだろう。特に思うことはないです。

 

いの先輩

 

ロリっぽい見た目なのに丁寧な口調で面倒見が良いキャラってもはや定番だけど良い。

 

桜先輩

 

ツンデレ

 

 

モンロー先輩

 

 

大人っぽいキャラ。こういうポジのキャラってテキトーに扱われがちだけど意外と出番が多そう。

 

 

すず


みゃー姉とか言われている。かわいい女の子だったらなんでも良いのでしょう。オールラウンダータイプ。