アニメ研究所

アニオタで青春コンプのサクの考えてることを書きます  Amazonアソシエイトを使用しています

ペンギンハイウェイの謎は分からないからキャラについて

おはようございます、サクです。

 

 

プライムビデオで”ペンギンハイウェイ”を見たので感想を書きます。

 

yossioo.hatenablog.com

 

見ようと思った理由のひとつによしおさんのブログ記事があるのでぜひ見てね。

 

 

子供向け作品なのか

 

 

てっきり子供向けな内容なのかと思ってたけど、実際はどうなんだろう?

SF作品って色々あるけど、これは完全に謎が解消されないまま終わる。もちろん考察を詰めていけば分かることはあるけどそれはプライムビデオみたいに何度も止めてもう一度再生ができるようになって初めて出来るよね。

 

子供が夏休みに親と友達と見に来て楽しいで終われる作品では無いので子供向けと言うより大人向けだなと。

 

他の方の考察とかを読んで、こういった作品がセカイ系と呼ばれてると分かった。

アニメで有名なのが”涼宮ハルヒシリーズ” 自分もハルヒは見たけど正直あまりという感じ。

 

 

ズレている標識をじっとり見せない

 

 

SFって日常に現れる違和感のようなものを小出しにしていって何かが起こる予感をさせるけど、その描写で一番好きなシーンは序盤に森に入ろうとすると捨てられた軽トラに標識が突き刺さっているシーン。

 

ゲームのテクスチャーがバグってズレたように刺さっている標識。その標識はしっかり映されていて不気味。

 

と思っているとすぐに同級生の悪ガキ3人衆みたいなポジのスズキ君が出てきてまた日常に戻る。

 

良いシーンだなと。

 

 

ニュータウン

 

ニュータウンなのかは分からないけど森を切り開いて住宅地を建てた感じの街。恐らく都内に交通のアクセスが良いニュータウン的なところなのだろう。

 

箱庭感があって良い。

 

 

 

アオヤマくん

 

近所のお姉さんが大好きな主人公のアオヤマ君。

方眼紙のノートを片手に研究しまくってチェスを嗜む小学生。まあ子供っぽいところももちろんあって、大人になったらもっと偉くなると言うところとか。小学生が将来は〇〇大学に入って研究者になって…みたいな具体的な道筋は言わないよね。

 

 

 

ウチダくん

 

 

小学生みたいじゃないアオヤマくんの助手。

こういうポジが一番成功しそう。小学生の話だということを示してくれる。

 

ウチダ君は研究とかが好きというわけではなくアオヤマ君とハマモトさんと一緒に行動するのが好きなのではないかと思う。ウチダ君も研究ノートを付けている描写があったけどアオヤマ君のノートに比べると明らかに感想が多いし、内容も薄い。

 

 

ハマモトさん

 

 

ヒロイン。

わかりやすいヒロイン。研究者の娘。停滞していたであろう研究を進めるためにチェスを使って頭脳があるクラスメイトを見つけ出すという合理的な女の子。

 

アオヤマくんと同じようにノートに記録している研究者。女の子なのでノートとかの小物がかわいいデザインのものを使っているのが細かいと思いました。

 

 

お姉さん

 

 

本作最大の謎のお姉さん。結局最後までお姉さんの正体については分からない。

 

お姉さんの声が若々しくないみたいな意見があったけど、これで良いと自分は思った。主人公は小学生のアオヤマ君。そこから見たお姉さんは大人。もちろんお姉さんは20代で若いだろうけど小学生と20代の社会人っていう遠さを表現するには良かったのではないのかと。そういった意味でもお姉さんが最後に居なくなるのは納得。