読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ研究所

アニオタのサクが自分の好きなアニメの事を書いたり思ったことを書いていきます。アニメ以外の事も結構書きます  Amazonアソシエイトを使用しています

限界を感じ読書をしようと思う

どうもサクです!

 

みなさんは読書をしてますか? 人間はせいぜい100年ほどしか生きれません。読書は読んでる人が生涯得ることのなかったであろう知識を与えてくれます。読んだ本の内容を知識として蓄えれるだけじゃなくて語彙力も向上する素晴らしいことなんですが、自分はあまりしてきませんでした。

 

読書の継続の難しさ

 

自分も数年前からはてなブログではありませんが、ブログを更新してきました。その時からやっぱり自分の知識量や語彙力を増やさないといけない事は感じていたんですが、今まで踏み出せませんでした。 理由は継続するのが非常に難しいからです。これは自分が勝手に思っている事なのですが、「本は何冊も読まないとほぼ意味がない」ということです。 知識を増やそうと本を一冊頑張って読んでもそこで得た知識が役に立つことは日常生活でほぼありません。確かに明確に「〇〇の始め方」や「〇〇の飼い方」などという直結する本などはすぐに使える知識が蓄えられると思います。ですが、自分が知識を蓄えたいと思っている理由は、より良いブログを書きたいからです。これと決まった知識が欲しいわけではありません。幅広い知識が欲しいのです。 

 

そのためにはより多くの本をとめどなく読む必要があります。本当は新聞なども読んだ方がいいでしょうが。 そう思う根拠をあげておくと、自分は本をあまり読んでこなかったと上で書きました。ですが、インターネットニュースを見てwikiなどを使い気になったことは徹底して調べるようにしました。それとアニメを考察したくもなったのでアニメの考察をしている人のブログを重点的に読むようにはしていました。そういったことをして一年か一年半してやっとのことで友人に「〇〇は無駄なことばっかしってるな」と初めていわれました。 一年から一年半でやっと効果が出始めたのです。このような点から読書もたくさん・長期的にやらないと効果がでないと思っています。

 

インターネットニュースとwikiを見るのと読書では掛かる労力が圧倒的に違います。まずインターネットニュースは自分で選択して読むことができるし、wikiも同様に自分の見たい項目だけしか見ません。ですが読書となると自分の読みたくないところも読まなければいけません。それに一つ読み終わるまでにかかる時間も圧倒的に本を読む方が長いです。 

 

読書からの逃げの限界

 

ぐだぐだ書いてきましたが、はてなブログを書き始めてもっと質の高い知識が必要だと感じ本を読む必要性を再確認したので最近は少しづつ本を読んでいます。やはりプロの作家が出版社を通して出している本をしっかり読もうと思います。ある程度の情報の正確性も確保されていますしね。