読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ研究所

アニオタのサクが自分の好きなアニメの事を書いたり思ったことを書いていきます。アニメ以外の事も結構書きます  Amazonアソシエイトを使用しています

アニメグッツを買う時に考えていること

どうもサクです!

3月に入って結構入りましたが、結構まだ寒いですね。早く暖かくなって欲しいです。

今回は自分がアニメグッツを購入するときに考えていることを書きたいと思います。

 

大量のアニメグッツ

 

アニメイトなどを中心に大量のアニメグッツが販売されています。 クアファイル・キーホルダー・フィギュア・デフォルメフィギュア・スマホケース・カード など種類は数えきれないほど出ています。 最近ではラブライブご注文はうさぎですか?などの大人気タイトルはコンビニなどのコラボで非常に多くのグッツが出ています。

 

ぼったくりなアニメグッツが多すぎる

 

この大量にアニメグッツが出てくる状況で自分は一つ思ったことがあります。それはほとんどのアニメグッツが販売側が儲けるためだけのもはやお布施になってないか?ということです。 確かに元々利益を出すために販売側は作って売っていると思いますし、それを否定するのはおかしいと思います。ですが、それがあまりにもひどすぎると思います。クリアファイルは元々あった画像を使いまわしクリアファイルに印刷してだけで500円で売るとか、とりあえず財布にアニメキャラを印刷してUFOキャッチャーの景品にするとか。 

 

 

ぼったくりなアニメグッツを買うことの問題

 

ここで本題です。自分はなるべくアニメグッツを買うときは値段に対しての価値を考えて買うようにしています。 なぜかと言いますと、大して凝ってないアニメグッツを購入し販売側にお金を流すと、そこで販売側に利益が出てしまいどんどん楽な方向に販売側が行ってしまうと思うからです。販売者側も簡単に作ったグッツで利益が出るならそれ以上のグッツは作りません。 ちゃんと販売側のこだわりが見えるアニメグッツを選んで買うことによってこだわってないアニメグッツは淘汰されていきます。なので自分は面白味があるこだわりが見えるアニメグッツが増えて欲しいのでなるべく凝ってないアニメグッツは買わないようにしています。 なんでもかんでもグッツを大量に買うことが作品に対する愛を表すことではないと思います。値段分の価値がないと思うものに関しては買わないという意思表示が必要だと思います。